BLOG

感情を解放すると見えてくるもの☆

2018/09/18
感情

友人のオススメであるワークを体験してきました。

 

それはマッサージと言うよりは「触れることで感情を解放する」というボディワーク。

 

「筋肉は感情や体験を記憶していて、その心理的な原因から、緊張がうまれ硬くなってしまう。

心の奥に抱え込んでいる感情を解放して、身体の不調となる根本的な原因にアプローチし、本来の自分を取り戻す」というようなものです。

 

信頼する友人のオススメだったので、純粋にワークを楽しもうと、あえて何の知識も入れずに参加してみました。

 

結果は「素晴らしい体験」の一言。

 

ほんの1時間ほどで、感情が一気に解放されていったのです。

 

 

人によって体験した反応は様々のようですが、私の場合は涙がドバっと溢れ出ました。

 

ワーッと泣く時って、なんらかの感情の昂ぶりによって出るものだと思っていたので、自分でもビックリ。

 

なにしろ激しく泣いてはいるものの、心の中は不思議なほど穏やかなのです。

 

ひとしきり泣いたあとは、頭がスッキリして視界はクリアになり、自分自身がリニューアルされた感じ。

 

 

その後は、普段なら気づかないような些細なこと、例えば外を歩いている時の風の流れや空気の匂い、揺れる葉の音に「ほっこり」とした感情が湧いてきます。

 

その感情は優しくて、なんだか知らないけれど、あらゆるものに感謝したくなってしまうんです。

 

無意識に色々抱え込んでしまって、それを解放すると「こんなにも穏やかになれるんだと」驚きです。

 

 

普段の生活の中で「~しなきゃいけない」ことって余りにも多いですよね。

 

自分の感情をムシして無理をし続けると、身体は不調のサインを出してきます。

 

それは肩こりだったり、食いしばり、めまい、頭痛など様々…。

 

 

「おっと、いけない!『~しなきゃいけない』と思っちゃダメ、前向きにならないといけないんだ!」

 

頭では変わっていても、思考のクセはなかなか変えられません。

 

しかし感情を解放すると、根本的な部分が変化するので「~しなきゃいけない」と思っていたことが自然と「やりたいと思える」ことに変わっていきます。

 

やることは「同じこと」なのに動機が変わるので負担に思わず、ストレスもあまり感じなくなります。

 

 

泣くような感情の解放は難しいかもしれませんが、私もマッサージを通して、少しでもそのお役に立てたら嬉しいなと思います☆